GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

三大怪獣 地球最大の決戦 <その4>

 さて、いよいよゴジラの登場である。
ご存知の通り「地球最大の決戦」で、ゴジラには大きな設定変更が行われた。
前作までは恐怖の存在として描かれてきたゴジラが、この作品からは、頼りになる地球の用心棒的なキャラクターが与えられるようになったのだ。これがゴジラ映画の衰退の始まりという人もいるが、オレはそうは思わない。現にこの作品を観てゴジラに魅せられたオレが居るわけだし、当時の子供達にとっては善玉のゴジラは、怪獣ヒーローとしての魅力に溢れていたのだから。
  
 当時のオレは、この作品と次の「怪獣大戦争」をリアルタイムで劇場で観て、強くて愛嬌のあるゴジラのイメージというものが出来上がっていたものだから、直後にNHKでモノクロの第1作「ゴジラ」を初めて観た時には、あまりのイメージのギャップに、訳がわからず呆然としたものである。(「ゴジラ」では、ゴジラの登場シーンは意外に少ない。) そういうわけで、モスゴジを知るまでは、オレにとってゴジラの理想形といえば長い間このゴジラ、通称 "チキサイゴジラ" だったのだ。
b0093969_22361341.jpg

 ゴジラマニアなら既にご存知の通り、この作品のゴジラスーツは、前作「モスラ対ゴジラ」に使用された、いわゆるモスゴジスーツの使いまわしである。「モスラ対ゴジラ」を観たのは遅かったので、この事を知ったのもだいぶ後だったのだが、そう言われてみると結構スーツの痛みが激しいのが分かる。もちろん、モスゴジという素晴らしい造形を生かしたいという思惑もあっただろうが、キングギドラという新怪獣の制作に、かなりの時間と予算が投入されたのは想像に難くない(^^;)。
b0093969_22385482.jpg

 というわけで、本作でのゴジラはコミカルで愛嬌たっぷりだ。中島春雄先生の熱演が堪能できる印象深い作品でもある。
                                                 
                                                 <さらに続く>

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-02-02 23:07 | Godzilla
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30