GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

怪獣大戦争 <最終回 ゴジラが跳んだ日>

b0093969_19581618.jpg

 X星人の地球植民地化宣言に対抗する、富士、グレン、桜井博士、鳥居哲男らの連携プレイもスリル満点の面白さ。
最初は珍発明かと思われたレディ・ガードが、此処に至って女性のみならず、全人類を救う大発明となるわけだ。
防衛軍はもちろん、放送局までも一致団結しての撃退作戦は、「怪獣大戦争マーチ」に乗って華々しく展開する。
当時は、折からのプロレスプームである。人間側からの強力な援護を受け、ゴジラとラドンはキングギドラを撃退する。
まさに人間と怪獣とX星人が織り成す華麗なタッグマッチと言っても良いだろう。こういう胸高鳴る展開は全ゴジラ作品の中でも、
本作でしか味わえない大きなカタルシスがある。

b0093969_19583828.jpg

 「ゴジラが " シェー!" をするぞ」というワクワクするような情報は、鑑賞前にオレの耳にも入っていた。
どういう経路でこのサプライズを知ったのか定かな記憶はないが、多分、「ぼくら」あたりのゴジラ特集が情報源ではなかっただろうか。撮影現場では賛否両論渦巻いたといわれるこのシーンも、ゴジラが跳んだ瞬間、場内は沸きに沸いた。
それは長嶋茂雄がバッターボックスの中で、また横綱大鵬が土俵上でシェー!をしてもこうはなるまいという位に・・・。
言い換えれば、子供たちとゴジラの間に確かな友情が芽生えた瞬間だったのである。
 
 ふと、隣のオヤジの顔を見るとオレ以上に楽しそうだった。 
 

                                                                <終>




怪獣大戦争(1965年12月19日公開) カラー作品
制作 / 田中友幸
監督 / 本多猪四郎
特技監督 / 円谷英二
脚本 / 関沢新一
音楽 / 伊福部昭
出演 / 宝田明、ニック・アダムス、水野久美、土屋嘉男、田崎潤、久保明、沢井桂子

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-02-25 22:18 | Godzilla
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30