GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

さらば西新モケイ

 通勤途中にある商店街の中に「西新モケイ」はあった。あったと過去形にしたのは、そのお店が先日閉店したからだ。
西新モケイは初老の夫婦がやっていた模型屋さんである。尋ねたことはないが、その佇まいからおそらく40年以上続いたお店であることは間違いない。
 
 ほとんど一見さんのオレが偉そうな事は言えないが、このお店に立ち寄るようになったのは、数年前ゴジラのガレキ制作に挑戦した際、塗料や筆などを購入するためだった。ショーウィンドウには店主が制作した自慢の作品の数々がディスプレイされており、なぜかマルイのゴジラやモスラの幼虫の姿もあった。
 
 昭和の佇まいそのままの店内には、プラモデルのキットを中心に塗料や筆、その他プラモデル制作に必要な材料や道具が店主の性格を物語るかのように整然と陳列されていた。ソフビキットに使用するVカラーのようなものは無かったが、重ね塗りに使用するラッカー塗料やアクリル塗料などは豊富に揃っていた。
 塗料を持ってレジにいくと、おばちゃんは必ず「うすめ液はあるか?」と尋ねてきた。「そういえばうすめ液は無かったな・・・。」と答えるとそっとうすめ液の小瓶を出してくる。店主は寡黙な人だったが、おばちゃんはきさくで細やかな気配りを忘れない人だった。

たぶん若いころからずっと夫婦でやってきたんだろう。ほんとうに好きだったんだろうな、モケイが・・・。
 
その後、ガレキ制作もご無沙汰となり、店の前を通るだけになっていたが、突然の閉店はやはり寂しい。まぁ年齢的なものもあったのかもしれないし、このご時世にそれほど繁盛している様子でもなかったので思い切って閉めたのかもしれない。
 
西新モケイのシャッターはもう開くことはない。

ありがとう、西新モケイ。
b0093969_19461129.jpg

[PR]
by Tettin-Arts | 2010-05-19 19:50 | A Day In The Life
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31