GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

レトロ横丁

b0093969_16535068.jpg

 三連休が取れたので、入院した義父の見舞いに門司港まで車を走らせた。

女房の実家に一泊し、近くの商店街などを散策。門司港は20年ほど前から「レトロ」をテーマに町興しに取り組み、北九州観光の目玉に成長したのだが、古い町並みのあちらこちらにノスタルジックな風景が残っている。

 写真を少し撮ってきたので、御用とお急ぎでない方はどうぞごゆっくりとご覧下さい。もちろん無料!(笑)



  

  大正3年に建築されたという門司港駅の駅舎は、左右対称のネオ・ルネッサンス様式と呼ばれるデザインで、国の重要文化財。駅前には、観光客目当ての人力車がちらほら。
b0093969_16542218.jpg

 

 イタリアの港町を連想させる(行った事はないが・・・^^;)淡いピンクの洒落た建物が、夏空に映える。
b0093969_1655453.jpg

 

 駅から少し歩くと桟橋通り。ここから栄町銀天街に入る。
b0093969_16585728.jpg

 


 通りに面する細い路地に入ると、そこには昭和初期の匂いがぷんぷん漂っている。
b0093969_1656331.jpg


 

 銀天街の中ほどにある「昭和レトロ館」の前には、人の背丈くらいある鉄人と、当時モノではないだろうが、ゴジラとガメラの手描き看板が・・・。「南海の大決闘」と「ガメラ対ギャオス」
b0093969_17015.jpg




 鈴木オートのお茶の間(笑)
b0093969_1701617.jpg




 このアイスクーラーをリアルタイムで体験したヤツはオレくらいのものか・・・。
ホームランバーパインアイスが渇いた喉には、死ぬほど美味だった。(お隣は氷で冷やす冷蔵庫)
b0093969_1703285.jpg




 " ツヱッペリン号" という名前が確認できるシブイかき氷器。
b0093969_1704867.jpg




 氷菓子屋さんの哀愁を帯びた自転車。
クーラーも無かった時代。こんな暑い日には、さぞや大活躍したのだろう。
b0093969_17127.jpg




 最後に貴重な当時モノの「黄金バット」の紙芝居を鑑賞。
昭和の昔さながらに、100円で水飴と型抜き菓子を買って食べながら観る。(紙芝居の後にクイズあり)
b0093969_1711763.jpg


  「おいちゃん、ありがとう!」

  そう告げて、オレは息子と娑婆へ戻るための帰路についた。

                                         <終>
[PR]
by Tettin-Arts | 2011-07-18 18:18 | A Day In The Life
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31