GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

伝説と真実の狭間でブルース

b0093969_9564879.jpg

 デルタのむせかえるような熱気。
週末のジュークジョイントで繰り広げられる一夜の喧騒と享楽。
昨日もなく、明日もない・・・ただ今を楽しむためだけに機能する音楽が、時を超え、国を超え、人種を超え、多くの人々の心を虜にしてきた。いやぁ、スンげぇいい本でした

 この本を読みながらまず圧倒されるのは、著者の長年培われたロバート・ジョンスンについての膨大な知識量と、ブルースに対する卓抜した見識である。 と同時に、激しく呼び起こされるのが、ロバートがギター片手に唄い、さすらい、酒と女に明け暮れた1930年代のミシシッピ・デルタへの果てしない憧憬。生誕の地ヘイルズハーストからスリー・フォークスがあったグリーンウッド、はたまた深夜にギター修行を積んだという墓場や、何処とも知れぬ伝説の四辻を訪ね歩きたいという欲望に激しく駆られる罪な本でもある。

 行ってみてぇな、ミシシッピ。(笑)

 とはいえ、ロバート・ジョンスンのようなミステリアスで偉大なブルースマンについて、オレのような凡人がこの本を読んだだけで理解するなど、とてもじゃないが不可能である。そもそもレヴェルが高すぎて・・・(^^;)。
しかし、ありがたくもこの本には、その片鱗を伺い知ることができるヒントを数多く示唆してくれている。

 ロバート・ジョンスン本としては間違いなく質・量ともに最高峰に位置する力作だと思う。

 特典のCDに収録されている楽曲も、オレ程度のブルースファンならば、サン・ハウスやブラインド・レモンは手持ちのCDがあるものの、ほとんどは聴くタイミングを逃して一生を終えてしまいそうなもの(メンフィス・ジャグ・バンドなど・・・)ばかりである。そうして気に入ったものをまた買い漁るという、これまたPヴァインの思う壺(笑)となるわけで、そういう意味でも、このスペシャルCDは果てしない憧憬をさらに刺激する罪な逸品と言えるだろう。

 つーわけで、どうも一回だけでは書き尽くせそうもないので、今後は徒然なるまま、雑感風に書き散らして行きたいと思う。

今夜はこの辺で・・・。

b0093969_957037.jpg

[PR]
by Tettin-Arts | 2011-08-30 20:03 | Robert Johnson
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31