GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

四辻にて・・・ ROBERT JOHNSON

 
b0093969_16213478.jpg
 
 このCDたちが、オレが所有しとる彼の全作品。 
 
 右列の2枚がオレが最初に入手した「ROBERT JOHNSON / DELTA BLUES」vol.1vol.2(共に英国盤・ALDABRA)。
この時点でロバート・ジョンスンの公式な音源は1936年11月と翌年6月にレコーディングされた29曲とそれらの別テイクを入れて41テイクが全て。(と思っていたのだが)

その別テイクを除いた29曲がこの2枚に収録されている。
 
そのしばらく後で別テイクも収録した「THE COMPLETE RECORDINGS」が発売された。
これでロバート・ジョンスンの全てが手に入る・・・もう迷わず買いましたよ。豪華なUS盤を。
 
で、中央のボックスが、29曲、41テイク全てを収めたおなじみの2CDセット「ROBERT JOHNSON / THE COMPLETE RECORDINGS」(米国盤・COLUMBIA)。中には2枚のCDと一緒に全48ページの豪華な英字のブックレットが入っていて、これにはクラプトンキース・リチャーズのエッセイが寄せられとる。

しかし、さらにこの後「TRAVELING RIVERSIDE BLUES」の別テイクが発見された。もう蟻地獄ですな・・・。

 こうなってくると、どうしても入手したくなったのがオリジナル編集の左列2枚。何故ならば、CDには「TRAVELING RIVERSIDE BLUES」の別テイクがボーナストラックとして収録されているからだ。1961年に編集された「ROBERT JOHNON / KING OF THE DELTA BLUES SINGERS」(上)のCDにそれは収録されている。下は1970年編集のvol.2(共に米国盤・COLUMBIA)。ジャケットのイラストが良い雰囲気。(内容は「ROBERT JOHNSON / DELTA BLUES」vol.1、2とほぼ一緒。)

 というわけで、現存するロバート・ジョンスンの作品29曲、42テイクが全て揃ったということになる。

別テイクの数々も微妙な表情の違いが味わえる。ちなみに現存する彼の写真も、右の2枚のCDと中央の「THE COMPLETE RECORDINGS」のジャケットに使われとる2枚のみらしい。
 
「CROSS ROADS BLUES」「LOVE IN VAIN」もオリジナルを初めて聴いた時には、あまりの違いに若干の戸惑いもあったけど、噛めば噛むほど・・・いや聴けば聴くほど虜になる魔性の音楽(ブルーズ)がロバート・ジョンスンやね。
                                                     <続く>
[PR]
by Tettin-Arts | 2007-08-23 18:38 | Robert Johnson
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31