GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

THE COMPLETE RECORDINGS / ROBERT JOHNSON

b0093969_17292251.jpg 「TRAVELING RIVERSIDE BLUES」の別テイクを除けばロバート・ジョンスンの全てのテイクが聴ける
 
 こりゃもう、家宝やね。(笑)
 
 ボトルネックにウォーキング・ベースといったギター奏法の妙は言うまでもなく、とにかくこのギターの音とリズムが超絶。この音を一人で出しとるやら信じられん
 こんなところから「クロスロードで悪魔と取引してギターテクニックを手に入れた」っちゅう伝説が生まれたんやろうけど、思わず信じてしまいそうな凄いギターよ。オレなんかじゃ絶対にマネできんね(当たり前か・・・笑)。
 
 高音では実に味のあるヴィブラートがかかる彼のヴォーカルも素晴らしい。


b0093969_17295313.jpg これが付属の48ページブックレット。
当然、全て英文なんでポツポツと拾い読みをするくらいでしか内容が理解できんけど、彼の生涯を、彼と親交があったブルーズマンたちと共にセンスよく記述した、なかなか力の入った逸品。資料としてもなかなか貴重なもんやと思う。 

 キースとクラプトンによる思い入れたっぷりのコメントも収録してある。
 キースがブライアンのアパートで初めてロバート・ジョンスンを聴いたときの衝撃が語られとるみたいやね(笑)。
 15、6くらいの時に初めて聴いて、クラプトンが受けた衝撃とか・・・。


b0093969_1743316.jpg

b0093969_17434446.jpg

 同じ曲でも、別テイクでは微妙な表情の違いが味わえるのがたまらんね。「CROSS ROAD BLUES」のテイク2なんか、えらい気合が入っとる。
 そして、その詞の世界も独特のムードを持っとるのがロバート・ジョンスンの素晴らしさ
 
 オレの好きな小説に、五木寛之の「海を見ていたジョニー」っちゅうのがあって、その中で黒人兵のジョニーが少年ジュンイチに 「ブルースって音楽は、正反対の二つの感情が同時に高まってくる、そんな具合のものさ。絶望的でありながら、同時に希望を感じさせるもの、淋しいくせに明るいもの、悲しいくせに陽気なもの、弱々しいくせにふてぶてしいもの、俗っぽくって、そして高貴なもの、それがブルースなんだ。」  と説く場面があるんやけど、ホンマにいい表現やと思うね。

 そんなブルーズの深遠さを垣間見させてくれる・・・それがロバート・ジョンスンやね。
b0093969_199023.jpg




<曲目リスト>
Disk1
 1. Kindhearted Woman Blues [Take1]
 2. Kindhearted Woman Blues [Take2]
 3. I Believe I'll Dust My Broom
 4. Sweet Home Chicago
 5. Rambling on My Mind [Take1]
 6. Rambling on My Mind [Take2]
 7. When You Got a Good Friend [Take1]
 8. When You Got a Good Friend [Take2]
 9. Come on in My Kitchen [Take1]
10. Come on in My Kitchen [Take2]
11. Terraplane Blues
12. Phonograph Blues [Take1]
13. Phonograph Blues [Take2]
14. 32-20 Blues
15. They're Red Hot
16. Dead Shrimp Blues
17. Cross Road Blues [Take1]
18. Cross Road Blues [Take2]
19. Walking Blues
20. Last Fair Deal Gone Down

Disk2
 1. Preaching Blues (Up Jumped the Devil)
 2. If I Had Possession Over Judgment Day
 3. Stones in My Passway
 4. I'm a Steady Rollin' Man
 5. From Four Till Late
 6. Hellhound on My Trail
 7. Little Queen of Spades [Take1]
 8. Little Queen of Spades [Take2]
 9. Malted Milk
10. Drunken Hearted Man [Take1]
11. Drunken Hearted Man [Take2]
12. Me and the Devil Blues [Take1]
13. Me and the Devil Blues [Take2]
14. Stop Breakin' Down Blues [Take1]
15. Stop Breakin' Down Blues [Take2]
16. Traveling Riverside Blues
17. Honeymoon Blues
18. Love in Vain [Take1]
19. Love in Vain [Take2]
20. Milkcow's Calf Blues [Take1]
21. Milkcow's Calf Blues [Take2]
[PR]
by Tettin-Arts | 2007-08-25 17:29 | Robert Johnson
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30