GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Godzilla 別館( 13 )

これが 総天然色ウルトラQ だ!


この微妙に退色した感じが素晴らしいじゃないの!

カラーなんて言うな。これはまさに総天然色だ!

というわけで、総天然色期待度ベスト5をあげてみると・・・

1.2020年の挑戦

2.ガラモンの逆襲

3.虹の卵

4.カネゴンの繭

5.海底原人ラゴン


といったところだな(^^)

おっと、危うくワンクリック予約を押してしまうところでした・・・(^^;)
[PR]
by Tettin-Arts | 2011-04-16 17:54 | Godzilla 別館

総天然色ウルトラQ

b0093969_2061270.jpg

 巷で話題騒然総天然色ウルトラQ ・・・

実は、ウルトラQのカラーライズだけならば、DVDだろうがブルーレイだろうが、あまり食指は動かなかった。

ところが商品説明によると、ブルーレイにはカラーとモノクロの両バージョンが収録されているという。

こうなると話は違ってくる・・・

ブルーレイで甦った古いモノクロ作品の画質の素晴らしさは「カサブランカ」「サイコ」で体験済みだ。そこへ持って来てウルトラQはDVDでも画質がかなり良い。それがブルーレイ化されるとなれば期待は高まるばかり。極めて鮮明なモノクロ映像のインパクトは、カラーのそれを凌ぐとオレは感じている。

もちろん総天然色への好奇心も尽きないが、オリジナル・モノクロバージョンも収録されるとあれば、手持ちのDVDをさっさと売り払っておくべきなのか・・・?

しかし、価格がなぁ・・・(^^;) うーん、うーん、おいそれとは手が出そうも・・・

(こうなりゃ、いっそ老後のための僅かな蓄えを取り崩すか・・・苦笑)

初回限定で、もちょっと廉価な オリジナル・モノクロバージョンだけのブルーレイBOX・・・ってのは無理ですかね?
(ビートルズのMONO BOXみたいなもんだな)



画像は懐かしいエクスプラスのガラモン・カラーバージョンとモノクロバージョン。だいぶ年季が入ってきました。
たしかザらスで2体買っても5千円くらいでしたっけ?本当に夢のような時代でした・・・(笑)
[PR]
by Tettin-Arts | 2011-04-01 20:42 | Godzilla 別館

眼力に震え上がる

b0093969_1859044.jpg
 
 Blu-rayのクォリティを十分に堪能できる高画質でした(^^)。

ニュープリントと見紛うばかりの鮮明さで、特に大魔神の眼力には震え上がるほどの迫力があります!
これは「サンガイ」の出来を上回るんじゃないでしょうか?流石です。
鑑賞したのは「大魔神」だけですが、DVDでも画質は3作ともに良かったので「怒る」「逆襲」も大いに期待しています。
モノラルながらリニアPCMの音声も生々しく、映像ともども当時の恐怖がまざまざと蘇えりました。

これは自信を持ってお勧め出来ますね。最終保存版の名に恥じません(^^;)

 「大魔神」の公開は1966年4月17日となっています。当時観終わって劇場を出ると、ラストシーンを彷彿とさせるように春の冷たい風の中を砂ぼこりが舞っていましたっけ・・・。

[PR]
by Tettin-Arts | 2010-04-10 19:08 | Godzilla 別館

大魔神 Blu-ray BOX 降臨!

b0093969_22161084.jpg

  つい先ほどAmazonに注文していた 大魔神 Blu-ray BOX が到着いたしました。買って間もないDVDを叩き売って捻出した資金を足して思い切って購入した、これが大魔神の最終保存版ということになります。初回限定出荷分ということで、ケースは豪華3D仕様。お得感を醸し出しているのが嬉しいですね(^^;)。

気になるのは画質ですが、視聴は明日以降になりそうなのでまた追記します。

 さて大魔神カノンへの反動か、今、大魔神がマイブームです(^^)。
しばらく沈静化していたおもちゃの収集癖も、この特撮リボルテックを知って、またまた頭をもたげてまいりました。
大魔神が安置されている海洋堂の製品ということで、表情などは大魔神フィギュア随一の出来映えではないでしょうか。
充実した付属パーツの中でも特に左馬之助には恐れ入りました。これは遊べます(笑)。
価格もこなれているのは魅力なのですが、如何せんサイズが小さいですね。
b0093969_22232782.jpg

う~ん、でもやっぱ買っちゃうのかな・・・(^^;)。しかしどうしてこうも好きかねぇ、大魔神が。

埋め込み出来ないのでコチラから懐かしい大魔神子をどうぞ・・・。

[PR]
by Tettin-Arts | 2010-04-09 22:38 | Godzilla 別館

東宝特撮総進撃

b0093969_2233586.jpg

 こういう本が発売されていたのは知っていたのだが、本日書店に並んでいるのを発見。
ペラペラと頁をめくって一発で気に入り、即購入した。怪獣ものに限らず、古今の東宝特撮映画がバラエティに富んだ執筆陣によってディープな筆致で紹介されている。とりわけ「サンガイ」の記述が充実しているのが嬉しいですね。
これは読み飽きません
 
 みうらじゅん氏による水野久美賛歌にも激しく同調(笑)。中島春雄大先生と井上誠氏へのインタヴューも興味深い。
また、見たことのない貴重な写真が豊富に掲載されているのも大きなポイント。特に「獣人雪男」撮影の合間に根岸明美さんが見せる笑顔のショットが眩しいです(^^)。

 今後、これらの作品群がブルーレイで発売される (既に発売済みもあり) だろうが、是非公開当時のインパクトを十分に備える素晴らしいクォリティを期待したいですね。

■別冊映画秘宝 東宝特撮総進撃 / 洋泉社  1680円

[PR]
by Tettin-Arts | 2010-03-21 22:45 | Godzilla 別館

大魔神ブルーレイは買いか?

b0093969_1550378.jpg
 
 サンダ対ガイラのブルーレイは驚くほどの高画質で、当時の恐怖がまざまざと甦ったものだ。

さて、サンガイと同じく1966年当時のオレを恐怖のどん底に叩き込んだ「大魔神」はどうだろう?
アナログテレビを所有していた頃にDVDで観たときは、あまりの鮮明さに早々と永久保存版などと喜んではみたものの、ハイビジョン映像に慣れ親しみ薄型大画面テレビで鑑賞すると、やはり画質の粗さは否めない。

アマゾンのカスタマーレヴューを見てもアホな早書きレビューばかり。
観てもいないのにレヴューを書くんじゃないよ、馬鹿野郎!(怒)

というわけで、思い入れの深い「大魔神」3部作は、やはり高画質のものを手元に置きたい
「サンガイ」並みとは言わないけれど、それ相応に画質が向上していれば文句なしに買いなのだが・・・
誰か観た方はいませんか?(^^;)

[PR]
by Tettin-Arts | 2010-03-20 18:44 | Godzilla 別館

ブルーレイ サンガイ

b0093969_19534544.jpg

 超高画質で東宝特撮ファンの絶賛を浴びているブルーレイ版「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」を入手しました。
実は買ってからずいぶん経つのですが、オリンピックが重なったため、肝心のご紹介のほうが遅れてしまいました。ごめんなさい。
 
さて、大いに期待していた本作なのですが、その期待を大きく上回る素晴らしい画質でした(^^)。
ほんとうに新作映画のようです。

 本作は光を嫌うガイラの特性からか(^^;)全体に夜のシーンが多いのですが、DVD版では暗度が強過ぎて映像が潰れしまっていたようなシーン、例えば冒頭の夜の荒海のシーンや、中盤のガイラがメーサー攻撃に山林の中をのたうちまわるシーン、終盤の夜の市街戦のシーンなどもくっきり鮮やかに映像のディテールを確認することができます。
 特にガイラが初登場する冒頭のシーンでは、ガイラの体毛の質感まで見事描き出されています。これには驚嘆するほかはありません。いやぁ身の毛がよだちます。メーサー殺獣光線車も、現実に存在する兵器と見紛うばかりのリアルな質感が素晴らしいです。1966年の夏休みに観たあの時のショックがすっかり蘇ってしまいました。

これは子供の頃に劇場のスクリーンで観た「サンダ対ガイラ」そのものです!!

 このブルーレイ版で息を呑むほど美しかったのがアケミ・・いや、水野久美さんです(^^;)。京都の研究所での初登場となるのですが、可愛らしいピンクの口紅が特に印象的です。この作品では一途な女性研究員といった役回りで波川女史のような色っぽさはないのですが、彼女独特の不思議な妖艶さはしっかり漂っています。
 ブルーレイでここまで水野久美さんが鮮やかに蘇るのであれば、当然「怪獣大戦争」「妖星ゴラス」「マタンゴ」も買替え決定なのですが(^^;)、どうなんでしょうか出来のほうは・・・。
 東宝に関しては、現存するマスターの保存状態の良し悪しで画質に差が出ているという指摘もあるようですので、どれもこれもこのレベルというわけにはいかないようですが・・・う~ん、気になりますねぇ(^^)。
[PR]
by Tettin-Arts | 2010-03-08 20:26 | Godzilla 別館

買い替え作戦 第1弾は「サンガイ」

 真央ちゃんの画のそばに、さすがにサンガイの画は出せませんから・・・(^^;)。
 正式タイトイル名を書くのさえ躊躇してしまいました。

 ブルーレイを観てしまうと、もうDVDには戻れない

というわけで、手持ちのDVDの中でもお気に入りの作品は、順次買い替えを進めていかなければならない。
但し、買い替えに当たっては、それだけの費用対効果がなければ意味がない。実際DVDの中には、ブルーレイにひけを取らない程高画質のものも存在する。
 
 で、最近特撮ファンの間で、やたら評価が高いのが、オレの大好きな「サンガイ」のブルーレイだ。
観た方はほぼ100%絶賛している。中にはニュープリント同様と評価する方もいらっしゃる。これはぐずぐずしてはいられない。今すぐ、DVDの「サンガイ」を売り払って、Blu-rayに買い替えなければ。「ねぇ、アケミ・・・。」

 1966の夏、オレから海水浴の楽しみを奪ったあの凄まじい恐怖が蘇えるのか!!

[PR]
by Tettin-Arts | 2010-02-04 21:52 | Godzilla 別館

怪物 0 参上!

b0093969_14191165.jpg

 真央ちゃんの応援のために、遥か宇宙の彼方から強力な助っ人が飛来しました(^^;)。全身金色です、

More
[PR]
by Tettin-Arts | 2010-01-31 14:20 | Godzilla 別館

根岸明美さん 逝く。

b0093969_19194263.jpg

 未だソフト化されない幻の作品「獣人雪男」(1955年)では隠れ里の娘チカ役で、そして「キングコング対ゴジラ」(1962年)ではファロ島の少年チキロの母役で世の男性特撮ファンを魅了した女優根岸明美さんが亡くなった。

 東宝特撮映画に登場する女優さんは本当に魅力的な人が多い。オレが観た彼女の出演作は上記の2作だけだが、大柄で抜群のプロポーションと野性的な美貌が特に印象深い大好きな女優さんだった。さすが日劇ダンシングチームに在籍していただけあって、「キングコング対ゴジラ」での激しく妖艶な踊りも本当に素晴らしかったなぁ。

 願わくば、追悼企画として世界中の特撮ファンが心待ちにしている名作「獣人雪男」のDVD化を是非実現して欲しい。今宵は静かに " 巨大なる魔人 " の舞に酔うことにしよう。

 心からご冥福をお祈りいたします。
 
[PR]
by Tettin-Arts | 2008-03-13 19:44 | Godzilla 別館
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31