GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Car( 14 )

涼子からムーさんへ・・・。

b0093969_1763515.jpg

 マツダロードスターRSⅡは、諸般の事情で今年1月末に売却。
2年ちょっとという短いつきあいだったが、オープンの醍醐味を存分に楽しませて貰った。

今は鎌倉在住の新しいオーナーをシートに乗せ、初夏の海岸線を爽快に飛ばしていることだろう。(笑)
 
で、売却後は諸般の事情で息子と共有でこのマーチに乗ってます。

b0093969_16533231.jpg


米倉涼子から村上知子に・・・ってところでしょうか?(^^;)

b0093969_17235047.jpgb0093969_17261897.jpg




















ムーさんも健気に尽くしてくれていますが、縁があれば、いつの日にかまた涼子と愛の暮らしを・・・・。
[PR]
by Tettin-Arts | 2011-06-19 17:35 | Car

The Force


よく拝見しているサイト様で見つけました。

実に微笑ましいパサートのコマーシャルです。まるで幼い頃の自分を見るような思いがします(^^;)
このベイダーのマスク、トイザらスで買ったんだけど失くしました。喋ると、あの声に変換されるんですよね。

しかし、車のメカも進化してますよねぇ。ホントにそこまで必要なの?と思うくらいまでに・・・。

(ブレーキアシストって・・・もう運転するのやめれば?笑)
[PR]
by Tettin-Arts | 2011-02-06 17:39 | Car

井原慶子

b0093969_2022466.jpg
 
 12月5日の夜、NHK教育のドキュメンタリー番組「グラン・ジュテ~私が跳んだ日~」に国際的な女性レーサーである井原慶子さんが登場していた。彼女はご存知の通り、モデルの仕事でレースクィーンをやったことがきっかけでモータースポーツの迫力に魅了され、レーサーの世界に飛び込んだ異色の女性なのだが、当時免許すら持たず、自動車教習所通いから始まって悪戦苦闘しながらも徐々にそのレーサーとしての才能を開花させていく様子が、本人と関係者へのインタヴューを交えながら描かれていた。
フォーミュラカーのコックピットで、レースの過酷さを語っている時の彼女はカッコよかった。
男どもをぶっちぎり、背骨が折れかかっても走り続ける井原さんはとにかく負けず嫌いだという。そんな井原さんに真央ちゃんと共通するを感じたのだった。

やはり一流のアスリートは同じだな

録画し損ねたのを悔やんでいたら、12月12日(土)午後0:00~0:29から再放送!

結婚されたんですね。おめでとうございます(^^;)。


井原慶子のおもいっきり行こう!

 今晩の「オープンで流しながら聴くこの1曲」は、オレなんか足元にも及ばないほど格段に運転の上手い女性を隣に乗せた時の・・・って、それだけは絶対イヤだ、イヤだ、イヤだぁ~!
それ以外はどんな女性でもいいから、それだけは絶対にご勘弁。
そんなときはもう音楽でごまかすしかないな・・・(^^;)。 ジェフ・ベックの蒼き風



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-12-07 22:12 | Car

MAZDA ROADSTER Forever 人馬一体

b0093969_20214980.jpg

 ロードスター関連の本は、あまりにも内容の薄いものはもちろんパスするけれど、そこそこならば購入する事にしている。
おかげさまでハイパーレヴのロードスター№3~6を始め、ロードスターファイル、CG選集マツダロードスター、エンスーcarガイド・マツダ&ユーノスロードスター、他・・・といったマツダロードスター関連の本がメタルラックにズラっと並んでいる(^^;)。
そしてひと月ほど前に購入したのがこのムック本。1989年にユーノスロードスターがデヴューして今年で20周年ということで記念車も発売されたし、まぁこの本も記念企画のひとつなのだろう。
 NAから現行のNCまでの限定車を含む各モデル解説やメンテナンスガイドなどは既刊のものとあまり違いはないが、平井敏彦氏と貴島孝雄氏へのインタヴューをはじめ、開発者たちへのインタヴュー。そして今年9月にロードスターの生まれ故郷である広島の三次で開催された20周年ミーティングの模様やその舞台裏のレポートなどは大変興味深く一気に読んでしまった。写真も豊富でロードスター乗りには嬉しい1冊である。


 さて今晩の「オープンで流しながら聴くこの1曲」は、フィギュアスケートの試合でライバルに破れ沈んでいる娘を元気づけるために、郊外にあるスウィーツの美味しいお店に向かってオープンで走る時に(←なんちゅう設定・・・^^;)おすすめのこの1曲。
THE STYLE COUNCILYOU'RE THE BEST THING (1984)



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-30 20:22 | Car

シーズン到来

b0093969_19105889.jpg

 グランプリシリーズの疲れを癒すために車を走らせ、郊外のとあるレストランへ・・・もちろん助手席に真央はいない。(←アホです)
 
 時がたつのは早いもので、このロードスターがウチにやってきて1年が過ぎました。その間、真冬の寒風の中でも、真夏の太陽が照りつける酷暑の中でも常にオープンで走り続けました。四季の中でも、やはり夏場はキツイですね。エアコンがかなり強力なので、なんとか耐えることが出来ましたが、やはり真夏のオープンは荒行でした(^^;)。(←とかなんとか言いながら楽しそう。)
街なかを流していても、若いお姉ちゃんより、子供たちからの視線が圧倒的に熱いです(苦笑)。

 先月12ヶ月点検を済ませましたが、コンディションは上々。オイル交換のついでに、SP-Zというオイル添加剤を奢ってみました。
エンジンフィールが滑らかになった印象ですが、それがこの添加剤によるものか、オイル交換によるものかは解りません(^^;)。
ただ、ディーラーさんが耐磨耗性能に優れていると絶賛するので、冬場のコールドスタート時の不安感が多少払拭されました。
汚れてきたBRITZのエアフィルターも交換。

 どのアングルからも秀逸なデザインだと思っていますが、このリアからの眺めも格別。いよいよ、絶好のシーズン到来です。

今回より、「オープンで流しながら聴くこの1曲」をお送りしたいと思います(^^)。
第1発目はサム・クックでWONDERFUL WORLD(1960)・・・よく晴れた日に田舎道をオープンで流す時に最高です。

 
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-27 20:45 | Car

夏のドライヴィング・グローブ 

b0093969_2112137.jpg

 最近使用しているドライヴィング・グローヴ。
近くのオートバックスには適当なものがなかったので困っていたら、スポーツサイクルで通勤している某女史の自転車用グローヴが目に留まった。
「おおっ!それいいじゃん。何処で買ったの?」ということで、早速某大型スポーツ用品店で購入したのがこちら。
RSⅡのシートカラーと同じレッドをチョイスした。もう1ヶ月ほど使用しているが、表はメッシュ仕上げで通気性も良い。ハンドルを握る面は薄手の人工皮革が施されていて滑りもなく伝わってくる感触もなかなかのもの。もちろんウォシャブル。

 真夏並みの日差しが容赦なく照りつける中でのオープンドライヴにもグローブは欠かせない。
汗でハンドルが汚れるのを防ぐというのも理由の一つだが、それ以上にコレしてないと日焼け止めを塗っておかない限り、手の甲は真っ赤に焼けてしまいます(笑)。先日、良く晴れた日にうっかり半袖Tシャツでドライヴしたところ、腕が酷い日焼けで真っ赤になり、まだヒリヒリ感が残っている始末。長袖のTシャツも必需品ですね。
 「なにもそこまでしてオープンにしなくてもあーた、トップを上げればいいじゃん。」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、オープンカーはオープンで走ってナンボのもの(笑)。魂焦がして走りまっせ
 しかし、これからの季節にオープンを楽しむのなら、早朝のひんやりとした空気の中か、夕方の涼しい海風に吹かれながらのドライヴなんぞが最高だろうな。
b0093969_2113970.jpg

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-06-14 21:47 | Car

クスコ LSD オイルを奢る

b0093969_19231670.jpg

 6ヶ月点検とエンジンオイル交換のついでに、LSDオイルを交換した。
もともとNBロードスターには、トルセンタイプのLSDが標準装備されているのだが、前のオーナーがそれでは物足りなかったらしく、クスコのMZタイプRSという機械式のLSDに交換されている。まぁ、この装置の性能をフルに引き出せるような腕があるわけではないが、確かにコーナリングの安定感は実感できる。
 とはいえ、ロードスターを買った当初は、この機械式LSDの特徴でもある、ガキゴキと鳴り響くチャタリングに閉口させられた。
知らない人が聞いたら、まず欠陥車だと思うだろう(笑)。
 そのチャタリングが軽減されると聞いて、早速調達したクスコ純正LSDオイル。1リットル2500円は高い気もするが、オイルをケチっていては愛車のコンディションを良好に保つことなど出来ません。おかげさまで異音はほとんど気にならなくなった。

 街乗りでガキゴキ鳴るのはどうも・・・と思っていたのだけど、いざあの音がしなくなると一抹の寂しさも・・・(笑)。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-03-25 20:03 | Car

空と鳥とロードスター

b0093969_2085795.jpg

 昨日も快晴だったので、「ヘブンズ・ドア」を観た帰りに、ロードスターの幌を降ろして郊外のカントリーロードを走らせていた。
その途中、田んぼの真ん中の交差点で信号が変わるのを待っていると、右膝にポトリと落ちるものがあった。
生暖かい感触に、ふと視線を落とすと、な、な、なんと鳥のウンチがっ!雀かヒバリのような小鳥のものであろう可愛らしいウンチである。「ああ、オープンなんだなぁ・・・」と、妙なところで感動する。
 ふと、ヒッチコックの「」を思い出した。
ヒロインのメアリーが運転する車もシルバーのコンバーチブルだった。「鳥」については、また別の機会にみっちり書くとして(笑)、
この車がオープンだったからこそ、自由に空を飛ぶ鳥が突然襲ってくる恐怖というものを、効果的に描く事ができたんだと思う。
これがハードトップのガチガチのアメ車だったら、スリラー映画の傑作には成り得なかったに違いない。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-02-09 20:43 | Car

ミュージック・サーバー

b0093969_17551173.jpg

 ロドスタはますます絶好調(^^)。
ここは、毎年9月にサンセットライヴが開催される芥屋ビーチのそばにある駐車スペース。
ここに来る途中で、薄い綺麗なブルーのMG-Bとすれちがう。もちろんオープン。あれはかっこよかったな。

ロドスタがやって来てからというもの、週末の天気が気になって仕方がない。
ロドスタを走らせるのは晴れの日と決めているからだ。雨の日はオープンカーにとって休息日と誰かが言っていた(笑)。
週末の天気予報が雨となれば、これは辛い。思わず日本気象協会に「何かの間違いではないか?」と文句の一つも言ってみたくなる。 このかたくななポリシーは、家族から大ひんしゅくを買っている。「雨の日に乗れない (もちろん幌を上げれば乗れるんだけど) 車を何故買った?」というわけだ。そんな悲痛な叫びに耳をふさいで、ひたすらボディカヴァーの点検に余念がないオレ。
まぁいいじゃないの。
 
 購入以来特に手を加えたところはない。エンジンルームの劣化したホースを1本、耐熱ホースに交換したくらいだ。まぁ、新たに手を加える部分がないくらい、買った時からアフターパーツや装備は充実していたから。
その一つがパイオニアのHDDナビ。ナビを使う事はほとんど無いが、ミュージック・サバーの機能はとても重宝している。
CDをかけると同時にハードディスクに自動録音してくれる機能だ。こうしてミュージックサバーにプレイリストとして蓄積されていく訳だが、すでに20枚分くらい貯まった。100枚分くらいの容量があるらしいが、いくらなんでもそこまでは必要ないだろう(^^;)。
 
 このほかにも、カップスの「ブルース・メッセージ」や「舞&真央スケーティング・ミュージック2009」、平原綾香の「パス・オブ・インディペンデンス」も録音済み(^^;)。 でも一番運転してて気持ちいいのは「ワイアード」かな、やっぱり(^^)。

 これで助手席に、深田恭子を装備すればもう完璧です、ええ(笑)。
b0093969_17552140.jpg

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-02-01 22:13 | Car

ドライヴィング・グローブ

b0093969_19403870.jpg

 真冬のオープン・ドライヴの必需品がこのドライヴィング・グローブ。
先日、最高気温5℃くらいの晴れた日に海沿いをオープンで走ったところ、ステアリングを握る手が猛烈にかじかんでしまい、慌てて購入したのがこの羊革製のドライヴィング・グローブ。指先が露出するショートタイプだが、柔らかくてフィット感も抜群!
これで真冬のオープンドライヴも、より快適に楽しめるようになった。
 
 高価なモノではペッカリー製のウン万円なんていうグローヴもあるけれど、オレにはウン千円のコレで充分だ。
先輩の " ロードスター乗り " に言わせると、グローヴは年中使用するものらしい。革巻のステアリングやシフトノブを直に握れば手のひらの汗で汚れが染み付いてしまうので、真夏でもグローヴを着けるというのは愛車への思いやりだという。それに滑り止めの効果もあるし、第一見た目カッコイイ・・・^^;)。
 
 今では、このドライヴィング・グローヴがすっかり手放せなくなってしまった。

[PR]
by Tettin-Arts | 2008-12-22 20:30 | Car
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30