GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:歌姫( 3 )

手嶌葵  ~ 心が洗われる

b0093969_20323233.jpg
 
 現在トップクラスの実力を持つ女性シンガーとして、もっと早く紹介したかったのが、地元福岡県出身の手嶌葵。 

 彼女の存在を知ったのは、2006年に公開されたジブリ映画「ゲド戦記」。この映画にテルーの声で出演し、主題歌「テルーの唄」を唄ったのが手嶌葵だった。映画を観た後すぐにCDを買った。
 日本人でこれほど透明感のある歌声は聴いたことがない。加えて天才的な音感と過不足のない声量、そして孤高ともいえる飾らない感性・・・全てが圧倒的に心地良い。ジブリ映画の音楽には優れた楽曲が多いが、とりわけ手嶌葵が唄う「テルーの唄」は、この映画の世界観が水彩画のように表現されている秀作である。



 そんな彼女が先月「クリスマス・ソングス」というアルバムを発表した。
彼女の持ち味でもある清楚で透明感のある美しい歌声とクリスマス・ソングというのは、ある意味贅沢な組み合わせだ。
大人っぽいジャージーなアレンジを、むしろ清廉な雰囲気さえ漂わせながら唄い切っているのは見事。クリスマスソングの定番ともいえる楽曲ばかりで構成したのも良かった。そして「~I Love Cinemas~」で既に披露された彼女の英語の発音の素晴らしさも特筆すべきだろう。これまで洋楽を数多く聴いてきた耳にも全く違和感なく入って来る。
 Amazonで試聴が出来るので、是非聴いてもらいたい。これが日本人のシンガーとは思えないはずだ。
と言うより、こんな素晴らしいシンガーが日本に居ることを誇りにさえ思う。

b0093969_20364629.jpg


 「テルーの唄」以降も素晴らしい作品を次々と発表している。「春の歌集」、「虹の歌集」、そして前述したロングセラーとなっている映画音楽のカバーアルバム「The Rose~I Love Cinemas~」、「La Vie En Rose~I Love Cinemas~」の2作。この他にもデジタルシングルや映画、CMなど弱冠23歳の活躍のフィールドは果てしなく広がっているようだ。

 最後に手嶌葵の歌唱力の素晴らしさを堪能できる「The Rose」そして「」をご紹介しておきたい。





          心が洗われる
[PR]
by Tettin-Arts | 2010-12-17 21:05 | 歌姫

PATH of INDEPENDENCE / 平原綾香

b0093969_1732449.jpg

 昨夜から降り出した雪も昼頃には止んだので、ロードスターのボディカヴァーを取り払い、幌を降ろして息子と一緒に郊外のイオンへ出掛けた。ヒーターが足元にガンガン効くのでオープンでも全く問題なし。頭寒足暖の快適さ・・・冬こそオープンの季節というのは本当だ。イオンの中のCDショップで、昨日の約束通り平原綾香のニューアルバム「PATH of INDEPENDENCE 」を購入。
いつものマクドナルドで昼食をすませると、そのまま糸島半島一周のドライヴへ出発。早速買ったばかりのCDをかける。

 こんなオレでも粗野な音楽ばかり聴いているわけではもちろんない(笑)。人は自分に無いものを求めてしまう生き物なのだ。
根っからの綾香ファンというわけではない。「ジュピター」は印象深かったけどアルバムを通して聴くのもこれが最初だ。
この人の歌声を聴いていると、「あー、今の日本の若いシンガーの中にも真っ当な人がいるんだな。」と、つい感慨深い思いにとらわれる。真摯なんだよな、音楽に対する姿勢が。
 声質はどこかマリア・マルダーを彷彿とさせるようなところもあるけれど、やはり育ちのよさというか、品のよさが備わっている。
これらが醸し出す儚げなトーンが水彩画のようで、五十男の心を捉えて離さないのである。

 全14曲のうち映画やドラマ主題歌等のタイアップ曲がなんと11曲も。これは凄い。とはいえ今風の曲はひとつもなく、どちらかと言えば昔聴いたような懐かしさを感じるものばかり。まぁ作曲に久石譲や財津和夫、谷村新司らが参加してるのでなるほどと納得したのだが。彼女の作詞・作曲による「一番星」もキラリと光る秀作。
 
 シングルになった「ノクターン」はもちろんショパンの原曲をアレンジしたもの。真冬のオープンエアで聴くあーやの「ノクターン」は恐ろしいほど美しかった。これが真夜中だったら多分号泣してフロントグラスが見えなくなるかもしれない。
文句なしに素晴らしいアルバム


More
[PR]
by Tettin-Arts | 2008-12-06 20:37 | 歌姫

平原綾香

b0093969_19401987.jpg

 プロモーションのために来福した平原綾香さんにサインを頂いた。とても小柄で可愛い人だったな。
ほんとなら、最新アルバムにお願いするのが礼儀なんだろうけど、手持ちの古い「ジュピター」に快くサインしてくださいました。
必ず買います(^^;)12月3日に発売されたばかりの最新アルバム「PATH of INDEPENDENCE」。

最近の日本人の女性シンガー達の中で、彼女はとても清々しい。
ギラギラしてないところがいい。そして歌は圧倒的に上手い。

 「ノクターン」は「PATH of INDEPENDENCE」に収録。心に沁みます。


 
 
Ayaka Hirahara Official Web site
[PR]
by Tettin-Arts | 2008-12-05 21:15 | 歌姫
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31