GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

別冊 五月になれば彼女を 2009 

 あまりと言えば、あまりに手抜きな記事に大変心苦しくもあり、ここはひとつタイトルとして使わせていただいております「五月になれば彼女を」について少しばかりふれておきたいと思います。

 まぁ、皆様お察しの通り、このタイトルはサイモン&ガーファンクルの名曲「四月になれば彼女は (April Come She Will)」から拝借したものございます。この曲は1966年に発売されました、彼らのセカンドアルバム「サウンド・オブ・サイレンス」に収録されている、2分足らずの短い曲でございます。しかし、この短い曲の中に、恋の移ろい、ひいては人生の移ろいが、韻を踏んだ印象的な詞で見事に表現されており、サイモン&ガーファンクルの作品の中でも特に愛着の深い、メロディも泣けるほど美しい珠玉の一曲なのでございます。

 トレイシー(メロディ)があの映画以降、どんな人生を歩んだのか知る由もありませんが、この曲になぞらえて、ふと、彼女の人生に想いを馳せてみたくなる・・・そんな五月なのでございます。    Love Melody ×××.



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-05-25 22:36 | 五月になれば彼女を
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30