GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

五月になれば彼女を 2006

 ビートルズに夢中になった時から、イギリスは憧れの国だった。

 中学生になって間もなく、旭化成のTVCMにとてつもない美少女が登場した。
その少女がもうすぐ公開されるイギリス映画「小さな恋のメロディ」に出演しているトレーシー・ハイドという女の子だと知って当然また夢中になった。

 封切りの日、悪友のユースケとまだ早朝の暗い時間から劇場の前に並んだ。
客席は同年代の少年少女で溢れかえった。その中にはそれまで密かに憧れていたレイコもいたが、もうそんなことはどうでもよかった。これからは僕のトレーシーちゃんに生きるのである。

 見終わって僕もユースケも自分が日本人であることを呪った。そしてイギリスの学校に転校したいとオヤジにねだったら殴られそうになった(笑)。いや、それくらいスクリーンの中のトレーシーはTVで見た以上に清々しく可憐でキラキラと輝いていた。

 それからしばらく、ビートルズに代わってビージーズの「メロディ・フェア」のシングル盤がターンテーブルを占領する日々が続いたのだった・・・。B面が「First of May(若葉のころ)」。
5月が来ると爽やかな風の匂いとともに、いつもトレーシーを思い出す。
夏がもうすぐそこまで来ている。

 Love Melody ×××.
b0093969_22515031.jpg

[PR]
by Tettin-Arts | 2006-05-13 22:52 | 五月になれば彼女を
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30