GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ジャンプ

b0093969_1948151.jpg

「こんにちは」
「おや、八っつあんかい。おあがり。」
「どうしたんです旦那。そこいらじゅう新聞だらけじゃありませんか。」
「いやね、昨日の朝、横丁のコンビニで買ってきた新聞に載っている浅田真央ちゃんの記事を切り抜いて、今スクラップ帖に整理している最中なんだよ。」
「また真央ちゃんですか。それにしても凄い量だな。」
「なんたって一般紙からスポーツ紙まで全て買ったんだから。」
「いやぁ、酔狂もここまで来ると恐ろしいもんがあるな。」
「何を言ってるんだい。あたしの真央ちゃんが自己ベストを更新してシーズンを終えたんだ。これくらいは当然じゃないか。」

b0093969_21514845.jpg


More
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-20 20:19 | 夕日亭

真央、パーソナル・ベストを叩き出す!

 シーズン最後に浅田真央選手の快心の笑みを見ることができ、ファンとしてもこれ以上の喜びはありません(^^)。
当然、3Aを2回跳んだ。2回目は回転不足と判定されてしまったが、文句なしのベストパフォーマンスだった。
そして予想通りSPと合わせて201.87という驚異の高得点でパーソナルベストを更新した。
 
 開幕前には散々コケにした今回の国別対抗戦だったが、終わってみれば非常に有意義な大会になった(^^;)。
もし、先月の世界選手権でシーズンを終えていたら、浅田真央のバンクーバーオリンピック制覇の夢に若干の暗雲が漂いかけるところだった。というわけで、この大会のおかげでベストの演技でシーズンを終える事が出来た事は、オリンピック制覇に向けての大きな飛躍が期待でき、ファンとしても二重の喜びなのである。
 
 今回も演技の前のバックヤードでの浅田真央がたびたび映っていたが、あの厳しい表情が放つオーラには鬼気迫るものがある。演技終了後やCMなどでみせるあどけない天真爛漫な彼女とは全く別人のようだ。世界トップのアスリートとはそういうものだろうけど、弱冠18歳の女の子ということを考えると、ただただ恐れ入るしかない。

 「仮面舞踏会」は本当に素晴らしいプログラムだった。もう見ることが出来ないと思うと思わず目頭が熱くなってしまう。明日のエキシビションは、これまた素晴らしいタンゴの「ボル・ウナ・カベーサ」。あのラブリーなステップも見納めである。
皆様、明日のエキシビションは必見ですぞ!
 
 常に進化し続ける浅田真央。必ず来シーズンは、より素晴らしいプログラムを引っ提げてオレたちの前に登場してくれるだろう。
そしてその時は、バンクーバーオリンピック金メダルにピタリと照準が合っているはずだ。

 それでは皆様、来るべき浅田真央のバンクーバーオリンピック制覇を祈念し、この曲で今夜はお別れいたしましょう(笑)。



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-18 23:03 | 浅田真央

真央SPパーソナルベスト!

 国別対抗戦・・・先ほどまでテレビで観戦していた。
昨日、なんとSPで3Aを跳ぶと宣言していたので燃えました(^^;)。
このところ、ずっと苦戦していたSP。苦手の3ルッツを回避し、その代わりに、なんと、よりレヴェルの高い3A+2トゥループのコンビネーションジャンプという大技で勝負に出た。これを完璧に決め、2位を圧倒的に引き離す75.84はパーソナルベスト。
攻める気持ちを忘れないという、いかにも浅田真央らしい素晴らしい演技だった。
余興じみた大会とはいえ、一応ISUの公式戦。もちろん、この点数は公式記録となる。そして、恐らくフリーの得点を加えて200点を超えるのは間違いないだろう。浅田真央の大活躍で、日本チームも暫定2位。
明日と明後日の男女フリーの演技に、日本チームの優勝を賭ける。

余り期待もしない大会だったが、このSPの大成功は浅田真央にとって、バンクーバー制覇に向け、極めて大きな収穫となった。
 
真央にSPで3Aを決められたら、もう誰も太刀打ちは出来ません。  

明後日は最後の「仮面舞踏会」・・・オレは静かに泣くだろう

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-16 23:34 | 浅田真央

最強ボックス降臨!

b0093969_19522284.jpg

 新品のザ・ゴールデン・カップス究極の紙ジャケセットを、定額給付金で支払えるほど格安で仕入れる事が出ましたっ!(笑)
 当然、これまで所有していたプラケースものや、単品の紙ジャケものは全て売り払いました!
これでカップスの、ほぼ全ての公式音源を手中に納めた事になります。・・・今後、新たに発掘されない限り (^^;)。
(後日、じっくりご紹介したいと思います)
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-10 19:28 | The Golden Cups

世界フィギュアスケート国別対抗戦2009

 今回が第1回目となる「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」が、来週東京で開催されるのだが、明らかにWBCの盛況を目の当たりにしたISUが、一儲けを企んだいかにも安易な大会としか思えないなぁ(^^;)。世界選手権を終えたばかりの真央ちゃんは、休む暇もなく駆り出されるわけだ。 

フィギュアスケート界では、これまでオリンピック、世界選手権、グランプリファイナルなど個人の世界一を決めていましたが、今回新たに、そして初めて、国際スケート連盟(ISU)主催で団体・国対抗での世界一決定戦が行われます。それが、「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」。記念すべき第一回大会は、2009年4月16日(木)~4月19日(日)まで東京・代々木で行われることが決定!グランプリシリーズ/ファイナルから世界選手権を経て、シーズン最後に行われる世界一を決める戦いとなります。
 
 というのが、テレビ朝日のサイトにある大会の説明だが、オリンピックまで一年を切ったこの時期に一体何を考えているのか・・・。いやぁ、「商魂逞しい」としか言いようがありません(笑)。 とはいえ、真央ちゃんが、結構嬉しそうにCMに出てるので一応は見るのは見るけど、まぁ、順位など考えず練習がてら、気楽に楽しんで貰いたいと思います。くれぐれも怪我だけはしないようにね。
 
 ISUも日スケ連も、こんな時だけ真央ちゃん頼みじゃ困りますよ~。

b0093969_22144821.jpg

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-07 22:33 | 浅田真央

ブルース・メッセージ <RECORD COLLECTION>

b0093969_21362564.jpg
 
 ザ・ゴールデン・カップス3枚目のアルバムで、名盤中の名盤「ブルース・メッセージ」をご紹介します。

 帯に踊るタタキ文句は 「ついに出た!ゴールデン・カップスの真髄」
前二作の表ジャケット写真が屋外での撮影だったのに対し、この三枚目はスタジオで撮影されたシンプルなジャケットである。

More
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-04 22:29 | The Golden Cups

花嫁

b0093969_2155339.jpg

 すっかり真央ちゃん一色となってしまっている今日この頃ですが、皆様お元気でしょうか?

 昨日は中京大学入学のニュースが流れていましたが、これだけCMにも登場し、アイドルタレント並みの人気者にも拘らず、今どきのハイティーン(←死語)らしからぬ、ほとんどすっぴんで、髪の毛もなんだか適当な(笑)セットの仕方で、スタイリストは居なかったのか、スタイリストは・・・(^^;)と思わず叫びたくなるような服を着て式に出ていた真央ちゃんが無性に愛しく感じました。 

これだけ応援するというのは、もはや娘を溺愛する父親のような感覚ですな(笑)。

 はしだのりひこといえば、ザ・フォーク・クルセダーズが真っ先に思い浮かぶが、その代表曲である「帰って来たヨッパライ」のレコーディングには、彼は参加していない。なんてことは、ここではどうでも良い。
その後、シューベルツの「風」が大ヒット。そしてマーガレッツ(笑)の後結成したクライマックスの1971年の大ヒット曲が「花嫁」である。メンバーは、はしだのりひこ、藤沢ミエ、中嶋陽二、坂庭省悟の四人。
 
 当時中学生だったオレ。早い話、駆け落ちの歌だけど、「いつか結婚する時、オレの嫁さんはこんな心境なのかな・・・」などとぼんやり考えながら聴いたものだ。どこか哀しく響く前半のメロディーも、サビからは力強く、希望に満ちた明るい調子に変わっていく様が秀逸で、何度でも繰り返し聴きたくなる名曲だ。
 
 タラソワコーチに「恋をしなさい」とアドバイスされたという真央ちゃん。今はスケートが恋人だとしても、やはりいつかは本当の恋におちる日が来るんだろうな。その時には、迷わずこの曲をプレゼントしたい。

でも、本人は浜崎あゆみが大好きらしいから、いい迷惑だろうな・・・(^^;)



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-04-02 21:45 | 夕日町音盤店
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30