GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

MAZDA ROADSTER Forever 人馬一体

b0093969_20214980.jpg

 ロードスター関連の本は、あまりにも内容の薄いものはもちろんパスするけれど、そこそこならば購入する事にしている。
おかげさまでハイパーレヴのロードスター№3~6を始め、ロードスターファイル、CG選集マツダロードスター、エンスーcarガイド・マツダ&ユーノスロードスター、他・・・といったマツダロードスター関連の本がメタルラックにズラっと並んでいる(^^;)。
そしてひと月ほど前に購入したのがこのムック本。1989年にユーノスロードスターがデヴューして今年で20周年ということで記念車も発売されたし、まぁこの本も記念企画のひとつなのだろう。
 NAから現行のNCまでの限定車を含む各モデル解説やメンテナンスガイドなどは既刊のものとあまり違いはないが、平井敏彦氏と貴島孝雄氏へのインタヴューをはじめ、開発者たちへのインタヴュー。そして今年9月にロードスターの生まれ故郷である広島の三次で開催された20周年ミーティングの模様やその舞台裏のレポートなどは大変興味深く一気に読んでしまった。写真も豊富でロードスター乗りには嬉しい1冊である。


 さて今晩の「オープンで流しながら聴くこの1曲」は、フィギュアスケートの試合でライバルに破れ沈んでいる娘を元気づけるために、郊外にあるスウィーツの美味しいお店に向かってオープンで走る時に(←なんちゅう設定・・・^^;)おすすめのこの1曲。
THE STYLE COUNCILYOU'RE THE BEST THING (1984)



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-30 20:22 | Car

真央 with 浦安鉄筋家族

 真央ちゃんの楽しい動画を発見しました。
本当にたくさんのファンに愛されているんですね、真央タン(^^)。



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-29 20:05 | 浅田真央

シーズン到来

b0093969_19105889.jpg

 グランプリシリーズの疲れを癒すために車を走らせ、郊外のとあるレストランへ・・・もちろん助手席に真央はいない。(←アホです)
 
 時がたつのは早いもので、このロードスターがウチにやってきて1年が過ぎました。その間、真冬の寒風の中でも、真夏の太陽が照りつける酷暑の中でも常にオープンで走り続けました。四季の中でも、やはり夏場はキツイですね。エアコンがかなり強力なので、なんとか耐えることが出来ましたが、やはり真夏のオープンは荒行でした(^^;)。(←とかなんとか言いながら楽しそう。)
街なかを流していても、若いお姉ちゃんより、子供たちからの視線が圧倒的に熱いです(苦笑)。

 先月12ヶ月点検を済ませましたが、コンディションは上々。オイル交換のついでに、SP-Zというオイル添加剤を奢ってみました。
エンジンフィールが滑らかになった印象ですが、それがこの添加剤によるものか、オイル交換によるものかは解りません(^^;)。
ただ、ディーラーさんが耐磨耗性能に優れていると絶賛するので、冬場のコールドスタート時の不安感が多少払拭されました。
汚れてきたBRITZのエアフィルターも交換。

 どのアングルからも秀逸なデザインだと思っていますが、このリアからの眺めも格別。いよいよ、絶好のシーズン到来です。

今回より、「オープンで流しながら聴くこの1曲」をお送りしたいと思います(^^)。
第1発目はサム・クックでWONDERFUL WORLD(1960)・・・よく晴れた日に田舎道をオープンで流す時に最高です。

 
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-27 20:45 | Car

真央ちゃん、ブレず!

 真央ちゃんがショートプログラムを変更するという可能性はなくなった
また、内容は多少見直すものの、トリプルアクセルを計3回跳ぶという構成にも一切変更はないという。

 潔いというか、負けず嫌いの真央ちゃんらしいというか・・・。
真央ちゃんが下したこの決断にもちろん異論などあろうハズがありません。むしろ、身が引き締まる思いがいたします。
いやぁ、ほんとうに凄い選手です。私の闘魂にも火がついてしまいました(^^;)。待ってろ、世界!

願わくば、フルートヴァージョンの仮面舞踏会を・・・(って、くどいですか?^^;)
 
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-26 19:00 | 浅田真央

笑って、真央ちゃん!

 このブログに合わせてくれたかのような(笑)、ピンクのコスュチュームが可愛かったですね(*^^*)。

 結論から言えば、もう捨てると決めたプログラムに集中出来るはずはありません(^^;)。
真央ちゃん自身はそんなつもりは無いかもしれませんが、無意識のうちに集中力が欠けてしまうのは致し方ないと思います。
グランプリシリーズに2大会連続してエントリーすることには少々無理があったような気もします。しかし、早い時期に問題点も浮かび上がって (まだ決定ではないのかもしれませんが) SPの変更という決断も出来たのではないでしょうか。これは、大きなプラス材料といって良いでしょう。こうなったら明日のフリーも気負わず、練習のつもりで手ごたえをつかんで欲しいと思います。

 そもそも、このグランプリシリーズで好成績を残したところでオリンピック出場が内定するだけで、それは今年の真央ちゃんにとってさほど重要な事ではないと思います。
それよりも、このあと約2ヶ月間でしっかり3Aの確度を上げるとともに、新しいSPとフリーの「鐘」をじっくり仕上げて、12月25日からの全日本選手権でぶっちぎりの優勝を果たし、オリンピック出場を決めるほうが、その後の流れを考えると重要だと考えます。どちらにしろ、真央ちゃんのオリンピック出場は既定路線なのですから・・・(笑)

しかしGPシリーズが始まってからというもの、本当に心休まる日がありませんね。どうか怪我だけはしないように・・・。
と、まるで我が娘の事のように心を砕く団長なのです(^^;)。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-24 22:35 | 浅田真央

週刊誌一刀両断

 近郊のショッピングモールに出掛けたついでに、モール内の書店で週刊誌の真央ちゃん関連記事をチェック。
フランス大会終了後の新聞記事もそうだったけど、まぁどれもこれも馬鹿の一つ覚えのように、「真央完敗」、そして「ヨナ圧勝」のオンパレード。しかも、その原因が異口同音に「真央に出来ない大人の表現力の差」だと結論付けており、これではバンクーバーオリンピックでの金メダルはおろか、入賞も到底無理だという(笑)。
 いやぁ、日本人として恥ずかしい限りです。こういった自虐的な記事を書く人間には、本質を見抜く能力が決定的に欠如しているとしか思えませんね。まず、そんなにお色気演技(ショー)が観たいのならば、どこか場末の劇場の最前列(かぶりつき)にいたほうがよっぽど満足度は高いでしょう(^^;)。
 
 浅田真央もキムヨナも同じ19歳。いうまでも無くまだまだこの先、長いスケート人生が待っています。
それを考えた時、もうこの時期から大人の演技とやらで勝負してしまって良いのでしょうか
ノービス、ジュニア時代から真央ちゃんは天性の明るさと溌剌とした演技でファンを魅了してくれます。そして今は瑞々しい19歳の演技なのです。人生に二度とないこの素晴らしい若さという武器を、わざわざ捨てる必要はありませんね。失敗しても、果敢に難易度の高いジャンプに挑戦する姿勢がファンの胸を打つのです。これが19歳という若さの価値なのではないでしょうか。
 さらに真央ちゃんの将来を見据えた場合、技術はもちろん彼女は世界のフィギュア史上稀に見る超美貌のスケーターになるであろうことは、姉の舞さんを見ても疑う余地はありません(^^)。その片鱗は、このシーズンにも現われ始めていると感じています。
その時に、こうした記事を書いた人間(アホ)は節操も無く、真央ちゃんが演じる本当の大人の演技を絶賛するに違いないのです。

 要するに、日本が生んだ浅田真央という不世出なアスリートを育ててゆこうという気概も決意も無いのが今の日本のメディアなんですね。これが逆に韓国だったら・・・と思うとある意味羨ましくなる団長なのです。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-24 18:05 | 浅田真央

ショートプログラム変更か?

みなさんこんばんは、団長です。
スポーツ報知さんの記事によれば、なんと真央ちゃんのSPが、エキシビの「カプリース」に変更されるようですね。
SPのカプリース・・・良いですネェ!エキシビション用にはもったいないと常々感じておりました。いまだ推測の域を出ませんが、可能性としてはかなり高いと思います。フルートヴァージョンの「仮面舞踏会」も捨て難いとは思うのですが、この変更には全く異義はありません。むしろ最初からこっちにしとけば良かったとさえ・・・(^^;)。
昨季の使用曲の再登場ではたとえアレンジを変えたとしても、やはりジャッジに与える印象が冷めたものになってしまいがちです。

いやぁ、ファイナルが楽しみです。ここに来て「きらきらミラクル団☆彡」も、俄然ボルテージが上がって参りました!!(*^^*)!!

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-21 19:02 | 浅田真央

あの鐘を鳴らすのは真央

 とにかく浅田真央選手については全肯定。たとえ転んでも拍手を惜しまなかったオレも、さすがにオリンピックを目前に控えた最近は、果たして本当にこれでいいのだろうか、何かが間違っているのではないのだろうか・・・と弱気になる時がある。
 昨年から囁かれていることだが、タラソワコーチの指導は本当に真央ちゃんに合っているのだろうか?また、プログラムについてもアホなジャッジのレヴェルに合わせた、もっと俗っぽい平易なものに変えるべきじゃないのか。キムの異様な高得点を見せつけられるたびにそう思う事も無い訳ではなかった。
 しかし、今回のフランス大会での演技を観て、この「鐘」はとてつもないプログラムとして完成する予感がひしひしとしている。
もしかすると、ショートのフルートヴァージョンも、オリンピックの舞台で初めて使用する作戦なのかもしれない。
もう、キムヨナ選手を意識する必要は全く無いと思う。真央ちゃんにはフィギュアスケートの王道をしっかりと歩んで欲しい。
トリプルアクセル2回というのは、女子ではもう神の領域である。これが完成した時に必ず女神が微笑むだろう。
そのときには金色の鐘が高らかに打ち鳴らされるのである。その鐘を鳴らすのは浅田真央しかいない

 その日を信じて、モスクワの真央ちゃんにこの唄を届けたいと思います(*^^*)。 Mao is No.1!! 



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-19 20:28 | 浅田真央

フィギュアの女神降臨か・・・新プログラム完成間近! 

 まずは、真央ちゃんお疲れ様でした。
フリーの「鐘」は、ジャパンオープンの時よりも大きく進化していたのに驚き、また嬉しくなりました。
休む暇なく始まる10月22日からのグランプリシリーズ第2戦の開催地は、タラソワコーチの母国であり、真央ちゃんの練習拠点でもあるロシアですから、また一段と完成に近づいた演技を披露してくれることを期待しています。
そして12月のグランプリファイナル(東京)は、ほぼ100パーセントの仕上がりで臨むことが出来るのではないでしょうか。

 フリーでもキムヨナ選手の得点が異様に高かったですね。ジャンプを一つ回避してのパーソナルベストって一体?・・・(^^;)。
しかしキムヨナ選手は、これで全て手持ちのカードを出し切ったと言えるでしょう。

 真央ちゃんには、ショート、フリー共にまだ最強の切り札が残っています。
オリンピックは、その切り札で勝負する絶好の舞台となるでしょう。考えようによっては、このグランプリシリーズは最高の舞台を盛り上げるためのお膳立てと言えるかもしれませんね。(そもそも、目指している演技の高みというものが違うんですけど・・・)

 とはいえ、キムヨナ選手のコーチであるブライアン・オーサー氏はカナダの英雄でもあり、キム選手もカナダを練習拠点にしていますから、バンクーバーオリンピックのジャッジにおいてホームタウン・デシジョンなどということが起きないように、今回のキムヨナ選手の得点についても、今のうちから日本のマスコミあたりが牽制しておくべきではないでしょうか?
・・・ISUにはいろいろと先例がありますからね・・・(^^;)。あっ、それからインフルも心配です。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-18 23:02 | 浅田真央

グランプリ・シリーズ開幕戦、まずは3位発進。

 いやぁ、フルートヴァージョンの「仮面舞踏会」は使用されませんでしたね。何故なんだろ?残念でした(笑)。
えっ、3Aですか? 練習ではあんなに軽々と決めていたのに、本番ではちょっとタイミングが合いませんでしたねぇ(^^;)。
ただ、それ以外は全く問題ありませんでしたし、何だかんだいっても最終目標はオリンピックなのですから、グランプリ・シリーズも調整のつもりで怪我をせずに徐々に調子を上げて行ってもらいたいと思います。

 しかし、キムヨナ選手の得点が相変わらず高すぎるのが気になります。76点といえば、国別対抗で真央ちゃんが3Aを決めたSPの得点を上回っているのですから。まぁ、今日は真央ちゃんにジャンプのミスがあったので強くは言えませんが、17点以上も差がつくような内容ではなかったような気がします。こういった不明朗な点は、番組の中でもキチンと指摘しておくべきでしょう。(ねぇ松岡さん、荒川さん・・・)

 いろんな障害があるかもしれませんが、最後には誰にも真似の出来ない、有無を言わさぬ圧倒的な技術でバンクーバー・オリンピックを制覇してもらいたいと思います。浅田真央なら必ず出来ます
明日のフリーもしっかり応援しましょう!

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-10-17 22:37 | 浅田真央
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30