GARAGE-tettin

tettin1954.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

グランプリファイナル迫る!

 浅田真央選手の話題に事欠くあまり、なおざり気味な投稿が続いている今日この頃ですが、いよいよグランプリファイナルが近づいてまいりました。
 真央ちゃんの出場が無いとはいえ、やはりバンクーバーでの激突は必至であろうキムヨナ選手とロシェット選手の演技はしっかりとチェックしておかなければなりません。両選手とも、シリーズの2戦目ではミスが目立ちましたし、得点も180点台に止まったことで、ジワジワと五輪のプレッシャーを感じているのではないでしょうか。
 
 いやいや、敵失を期待しているのでは決してありませんけど・・・(^^;)。
 
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-27 22:04 | 浅田真央

京都慕情

b0093969_21363111.jpg

 1970年に大ヒットした、渚ゆう子はんの「京都慕情」。林春生作詞、ベンチャーズ作曲のじんとくる名曲どす(^^)。
 
 高校の修学旅行で初めて訪れた京都。あれは祇園祭も近い初夏だった。夜の自由時間に散策した街角には、お囃子の練習の音が流れていた。残念ながら憧れの舞妓はんを見ることは出来なかったが、しっとりと落ち着いた街の風情に歴史の深みを感じたものである。もう少し遅い時期だったら五山の送り火が見れたかもしれない。 
そしてこれからの季節・・・冬の京都もいいだろうな(^^)。

 京都の雪を見ながら、炬燵に入って湯豆腐を頂くのが目下の老後の夢どす(^^;)。



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-25 21:33 | 夕日町音盤店

ロックで奏でる浅田真央応援歌シリーズvol.4 ~ PEACE, LOVE AND UNDERSTANDING

 浅田真央ファンのみなさん、こんばんは。団長です
さて、今回は思い入れも深いエルヴィス・コステロさんに登場していただきました。昔、サンパレスで観たコステロさんのソロライヴは、今までに観たロックライヴの中でも五本の指に入る素晴らしいものでした。ニック・ロウさんのヴァージョンも良いのですが、やはり応援歌としては思わず力が涌いてくるコステロさんのヴァージョンをお届けしたいと思います。

世界はあなたのジャンプを待っている。今まで誰も観た事のない女神のジャンプを・・・!



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-20 21:18 | 浅田真央

フィギュアスケート 日本女子ファンブック 2010

b0093969_1948390.jpg

 浅田真央ファンのみなさん、こんばんは。団長です。
先日、Amazonで購入した「フィギュアスケート 日本女子ファンブック 2010」です。昨年の2009に続き2冊目の購入になります(^^;)。最近は真央ちゃん関連のニュースも枯渇していますので、この本はまるでオアシスです(笑)。
 もちろん巻頭は真央ちゃんですが、ジュニア選手を含め、期待の日本女子フィギュア選手がほとんど網羅されています。
しかし、これを読む限り、やはり真央ちゃんに続くような選手というのは、将来の期待度を加味したとしても当分現れそうにはありませんね・・・(^^;)。

 で、真央ちゃんのページは当然内容も濃いのですが、何よりもバンクーバーオリンピックに賭ける意気込みとともに、「オリンピックは通過点」と言い切ってしまう真央ちゃんのひたむきな向上心と熱いスケート魂に圧倒されてしまいました。

全日本選手権までの逸る気持ちを静めるためにも、この本は必携です(^^;)。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-19 19:55 | 浅田真央

ロックで奏でる浅田真央応援歌シリーズvol.3 ~ THE HARDER THEY COME

 昨晩のNHK「サンデースポーツ」を見ながら、あらためて浅田真央選手の目指すスケートというものが如何に崇高なものあるのかを思い知らされました。キャスターの与田氏も驚嘆していましたが、ほんとうに凄いアスリートです。
 結構控えめなインタヴューではありましたが、強固な意志が伝わってきました。それを私流に要約すると、まずトリプルアクセルを跳べる選手は僅かである。(ご謙遜ですが、実戦で跳べるのは真央ちゃんだけです。)それができる自分が、跳ぶことを躊躇する理由は何もない。むしろそれを跳ぶことがアスリートである自分の使命であり、最強の武器でもある。また、ジャンプ以外のスピンやスパイラル、そしてステップにも自信がある。これに加えて3Aを完璧に (彼女流に言えば百発百中・・・何だか宝田明みたいだなぁ
^^;)跳んだ時にどんな得点が出るのか楽しみだ。
と、まぁこんな決意をしっかり語ってくれたのでした(^^)。今シーズンに入ってから悩まされていたジャンプミスの技術的な原因もほぼクリア出来た様子。百発百中のトリプルアクセルがリンクの上で唸りをあげる日もそう遠くはないでしょう。

 スケートアメリカも一応チェックしましたが、正直眠くなりました(笑)。世界最高得点更新などと大騒ぎしているテレ朝をはじめとする日本のメディア、そしてオーサー氏の別次元発言も本当に恥ずかしい限りです。

 浅田真央選手がバンクーバーで披露する演技は、あなたたちとは遥かに別次元ですよ。
 


[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-16 21:31 | 浅田真央

真央ちゃんの番組情報

 浅田真央ファンのみなさん、こんばんは。団長です。
真央&舞の公式サイト Brilliance On Ice によれば
「サンデースポーツ」浅田真央選手インタビュー企画  ~試練は「高み」へのステップ トリプルアクセルへの妥協なき挑戦~ 
という番組が、明日11月15日(日)NHK総合で21:50から放映されるようです(^^)。しばらく真央ちゃんの新しい映像に接することが出来ませんでしたので、これは必見ですね。真央ちゃんのスケートの高みについてはこれまでもたびたび触れてまいりましたがその核心が真央ちゃん自身から語られるかもしれません。
 ところでBDレコーダー内蔵のハードディスクには、ジャパンオープンからグランプリシリーズの第1戦と第2戦。それから「真冬の挑戦者」の1回目と2回目という具合に、もう真央ちゃんの映像で溢れかえっております(^^;)。
そろそろブルーレイディスクに永久保存しなきゃ。

 また同サイトでは、舞さんが真央ちゃんにインタヴューした読売新聞の浅田舞のスポ友!も紹介されていますが、フランスではクロワッサンがとても美味しかったみたいですね(^^;)。


 
 
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-14 22:42 | 浅田真央

ロックで奏でる浅田真央応援歌シリーズvol.2~ NEXT LEVEL

 浜崎あゆみさんがロックか否かは別として(^^;)、ここはやはり真央ちゃんのために歌って頂きましょう
実は私自身、アユについてはあまりよくは知らないのですが、偶然見つけたこのナンバーはとてもカッコイイですね。
NEXT LEVEL・・・日進月歩。常に上昇志向の真央ちゃんにはピッタリの応援歌ではありませんか!(^^)。
これはマスタングのオープンですかねぇ・・・う~ん、渋いっす。
真央ちゃんも、いつの日かこんな車を運転するようになるかもしれませんね。・・・結構似合いそう。



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-13 01:07 | 浅田真央

浅田真央 age15~17

b0093969_19322794.jpg

 浅田真央age15~17」(文春文庫、714円)という文庫本が発売されています。
まだ現物は手にしていませんが、既刊の単行本「浅田真央、15歳」「浅田真央、16歳」「浅田真央、17歳」の3冊から編集されているのでしょうか?これらの3冊は既にウチの本棚に並んでいるのですが、やはりこの本も買っちゃうんだろうな・・・(^^;)。

 今日の読売新聞夕刊の「本 よみうり堂・新刊立ち読み」のコーナーでもこの本がとりあげられているのですが、実はこのコーナーの書評にある一文に思わず目頭が熱くなりました。書評をお書きになったのは詩人の片岡直子さん。
当たり前ですが、私のようなボキャブラリーに乏しい一般人にはとてもこのような言葉は出てきません(^^;)。さすが詩人です。
真央ちゃんのスケートを見事に言い表わした、わずか一行のこの言葉はファンの心に深く刻み込まれる事でしょう。
その一文を紹介させていただきます。片岡さん、ありがとう(^^)。

 浅田の演技には、人の意志の美しさが結晶している

 いやぁ、名言です。

[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-09 19:46 | 浅田真央

バンクーバー慕情

b0093969_2230425.jpg

「えーこんちは。」
「おや、八っつあんじゃぁないか。まぁおあがり。」
「こりゃ大旦那さん、若旦那はお出かけですか?」
「うん、例の真央ちゃん熱が高じて、一足先にバンクーバーへ出かけているんだ。」

More
[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-08 00:09 | 夕日亭

ロックで奏でる浅田真央応援歌シリーズvol.1 ~ SHOW ME THE WAY

 浅田真央ファンのみなさん、こんばんは。団長です。
不本意だったグランプリシリーズからしばらくご無沙汰いていましたが、さきほど放映されていたNHK杯のTVを観て、やはりオリンピックで金メダルを取れるのは浅田真央しかいないと確信しました(^^)。

 さて、高校野球だろうとプロ野球だろうと、チームの応援団には応援歌がつきものです。応援歌のない応援団など、演歌の流れていない赤ちょうちん、ジャズの流れていないジャズ喫茶と同じで全く存在価値がありません。そこでいよいよ来月末に迫った全日本選手権に向け一人過酷な練習に励む真央ちゃんを全力で応援しようと、かつては博多のフランプトンと異名をとった団長の独断と偏見で、毎回古今東西の著名なロックミュージシャンに登場してもらい、真央ちゃんへの応援歌を歌って貰おうという企画を考え付いたわけです(^^;)。
 
 第1回目は、1976年に発売され世界中で大ヒットした、本家(笑)ピ-ター・フランプトンの2枚組アルバム「フランプトン・カムズ・アライブ! 」から「SHOW ME THE WAY」。明るくポップなロックンロールが真央ちゃんのこれからの挑戦を力強く後押ししてくれるに違いありません(^o^)/ 真央ちゃん、頑張って! 



[PR]
by Tettin-Arts | 2009-11-06 22:06 | 浅田真央
line

四辻に佇んで・・・。


by Tettin-Arts
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30